結婚は・・・違うからダメなのではなく、違うから面白がる!!

新しい価値観と出逢えるのが結婚ですよ

知人の娘さんの話です。

彼女は彼氏とお付き合いも進み、彼のご実家に挨拶も兼ね伺いました。

ご両親は余計な事はあまり詮索せず、とてもあっさりした方で、ホッとしました。

ご馳走になり、ご丁寧にお礼を申し上げ、見送られました。

家に着いた彼女は、無事帰宅したことを、今日のお礼も兼ねて彼の実家に電話をしました。

 

その後、何度かご実家に招かれることがあったので、その度に、帰宅後いつも通りお礼の電話をしていました。

すると、ある時、お母様に電話口で

「さっきお礼を言っていったのに、何度もいいですから!! こっちは忙しいのよ!!」と半分切れられたそうです。

ショックのあまり彼女は呆然としてしまいました(゚Д゚)

 

というのも、彼女の育った家庭は、挨拶は基本、どれだけ丁寧にしても悪いことはない。といつもいつもしつこい位に言われていたのです。

ですので、親戚一同も同じような付き合いをしてきたのです。

ですので、お礼を言って怒られたのは生まれて初めて。

何がなんだかパニック状態で、心が傷つきました。

 

こんな家に嫁げるだろうか・・・

真剣に悩みました。

でも彼のことは好き・・・別れたくはない・・・

 

そこで彼女は冷静に考えてみました。

彼のお宅は自営なので、確かにサラリーマンの家庭で育った彼女とは違って当然なのだと気付いたのです。

そして、価値観はひとそれぞれ・・違っても仕方ない。

もしかしたら、彼と結婚することで、今まで縛られてきた人とのお付き合いも、楽に捉えることができるかもしれないと。

もちろん挨拶は基本。これは今までどおり、大切にしていきたい。

でも相手によっては、それが負担になることもあるのだから、臨機応変にしてみようと。

 

その後、彼女は彼のお宅の価値観も受け入れ、無事結婚し、20年以上平和に暮らしています。

今でも、彼のご両親は変わらずあっさりした方達。

結婚したらそれぞれの家庭で自立してやってねと。

余計なことは一切干渉してこない。

とても気楽に良い関係を築かれています。

今では、自分が育った親戚付き合いのほうが、むしろ煩わしくて気を遣う(^0^;)と思う位だそうです。

 

育った環境が違う者同士が、どれだけ相手の価値観を受け入れ、認め合えるかが結婚です。

違うから、ダメなのではなく、違うから面白がる!

それが、今までより、楽に生きられるきっかけになるかもしれないのです。

 

ワクワクしながら一緒に婚活がんばりましょうね!!!

 

お問い合わせは こちらから

https://www.wedding-march.co.jp/contact.html

0120-518-554

株式会社ウエディングマーチ

オンライン無料相談

オンラインお見合い

 

私たち

ウエディングマーチは

スタッフ一同

あなたの幸せを本気で応援していきます。

 

無料カウンセリング